メンズコスメでアンチエイジング・スキンケアのすすめ[通販で購入可能な男性化粧品を紹介]

 

メンズコスメで
スキンケア・アンチエイジングのすすめ

日焼け止めと紫外線ケア

紫外線のケアについてです。
日焼け止めをよく使うのは、紫外線が皮膚を刺すように感じるようになる春先から夏以降です。

曇り空の日や、強烈な陽射しを感じられなくなると紫外線ケアはしなくなるという人もいます。

最近は、紫外線ケアというのは通年行わなくてはいけないと言われます。
紫外線は夏場だけではなく他の季節にも夏と変わらず、降り注いでいるからです。

空が雲に覆われていたり、雨が降っている日でも、晴天時の70%の紫外線はあると言われていますので、紫外線ケアが重要になります。

しみやしわ、そばかずは紫外線が肌に及ぼす作用によるものだといいます。
日焼けで肌の色が変わる以外にも変化があるのです。

肌が日焼けしている最中は、これらの変化に気づきません。
日焼けの色が抜けてからしばらく経過してから、肌にシミが残ってしまっていることに気づくことが多いようです。

皮膚にしみができるまでにタイムラグがありますので、油断して紫外線ケアをないがしろにしていると手遅れになりかねないようです。

これ以外にも、紫外線に長時間肌をさらしていると皮膚ガンや白内障、免疫力低下などの事態が生じることがあります。

蓄積されたストレスの緩和や、カルシウムの吸収を促進するビタミンDの生成のためには紫外線は役立ちますが、ケアをしっかり行わなければ皮膚トラブルなどの問題の原因になります。

紫外線のケアをするならば、UVカット機能がついた帽子、サングラスなどで紫外線から身を守るといいでしょう。

日焼け止めクリームを活用することも、紫外線ケアになります。
紫外線による影響を眼もこうむることが判明してからは、サングラスなどで眼に入る紫外線をガードする必要性も指摘されています。

最近は、紫外線ケアというのは通年行わなくてはいけないと言われます。
目の病気予防の為にも、サングラスなど使ってケアをしましょう。

日焼け止めクリームなどは、外出先や外出時間によって使い分ける事が大切です。
1時間ぐらいの外出ならばSPF10から20、数時間外出するならSPF20から30がおすすめです。

SPF30〜50の日焼け止めクリームは、外でのスポーツや、海水浴など強い陽射しの下に長時間いる時用です。

日焼け止めの効果は抜けると弱くなりますので、海水浴やプールで使う時は度々塗り直すようにすることがポイントです。

近年販売されている日焼け止めにウォータープルーフというものがありますが、これは濡れても効果が落ちません。とはいえ、紫外線ケアを正しく行うためには、日焼け止めにウォータープルーフ効果がついていても濡れたら新しくつけることが 基本です。

SPFの高い日焼け止めは紫外線カット力が強いですが、それだけ肌への負担になります。
帰宅後は、日焼け止めクリームをしっかり洗い流して肌の保湿ケアをすることも、紫外線対策の一部と考えましょう。

このページの先頭へ